606_line.png

内視鏡検査について

胃カメラ

 

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)

内視鏡により食道・胃・十二指腸の一部を観察し炎症やポリープなどを診断する検査です。胃の中がキレイになっていないと検査に時間がかかったり、検査が受けられない場合があります。経鼻カメラと経口カメラを選択することが出来ます。特別なことが無い限り経鼻をお勧めします。経口カメラの場合は鎮静剤を用いて施行することにより、楽に検査が行えます。但し、車の運転は出来ませんので公共交通機関で来院してください。

経鼻カメラ

経鼻カメラのメリット

経口カメラよりも咽頭反射を極力抑えることができるため、経口カメラで辛い体験をされた患者さんでも楽に検査を受けることが出来ることです。これこそが唯一にして最大のメリットです。

 

経鼻カメラのデメリット

経口カメラより径が細くなるためレンズも小さくなってしまい画質が落ちてしまいます。しかし、当院に備えているカメラは以前のものと比較して高性能でありデメリットを最小限に抑えています。

また、アレルギー性鼻炎等で鼻腔が狭い方、血をサラサラにする薬を飲んでいる方、鼻出血を起こしやすい方は注意が必要です。問診や検査前処置の段階で難しいと考えた場合は経鼻カメラを経口で挿入することを提案します。口から挿入した場合でも経口カメラより径が細いため、通常の経口カメラよりは楽に検査を受けることが出来ます。

経口カメラ

経口カメラのメリット

経鼻カメラよりも画質に優れており、癌の既往や家族歴があり詳細な検査を希望される方にお勧めします。組織採取(生検)は経鼻カメラでも可能ですが、止血処置は経口カメラでなければ行えません。吐血・黒色便が認められた患者さんでは出血している可能性がありますので経口カメラを選択しなければならないこともあります。

経口カメラのデメリット

経鼻カメラよりは辛いことです。技術的な面と鎮静剤で極力サポートすることができます。

諸注意

検査前日

21時以降の食事はできません。水、お茶、ポカリスエットのような透明で内容物が無い液体は摂取可能です。

検査当日

朝食は絶対に食べないで下さい。検査日を後日に再調整することになります。飲水は「水」であれば検査の2時間前まで可能です。内服薬は朝7時までには内服してください。但し、糖尿病のお薬、血をサラサラにする薬は飲まないでください。

午後に胃カメラを受けたい場合

内視鏡検査は基本的に午前中に行うようにしていますが、事情により午後に胃カメラを行うことも可能です。その場合は当日の朝8時までに軽食をとっていただき、以降は薬と飲み物(牛乳などの乳製品、固形物を含むようなものは避ける)だけを摂取してください。14:00~16:00に受付を済ませれば胃カメラを受けることができます。

当日の緊急胃カメラ

予約が少ない場合は検査可能な場合もありますのでまずはお電話でご連絡ください。基本的には食後の場合は観察が困難であり、折角胃カメラを入れたとしても十分な観察を行えず再検査が必要となる場合がありますので極力避けたいところですが、状況によりやむを得ず行うこともあります。

 

大腸カメラのご案内

内視鏡により大腸の中を観察し炎症、ポリープ、癌などを診断する検査です。特に、近年では大腸がん患者数が増加傾向であり、重要性が増してきている検査です。

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

予約が少ない場合は検査可能な場合もありますのでまずはおd電話でご連絡ください。基本的には食後の場合は観察が困難であり、折角胃カメラを入れたとしても十分な観察を行えず再検査が必要となる場合がありますので極力避けたいところですが、状況によりやむを得ず行うこともあります。

内視鏡により大腸の中を観察し炎症、ポリープ、癌などを診断する検査です。特に、近年では大腸がん患者数が増加傾向であり、重要性が増してきている検査です。

検査当日

2Lの液体下剤を飲んでいただきます。これが大腸の洗腸の主たるものとなりますが、大腸カメラで不安の声がよく聴かれるポイントでもあります。基本的には自宅で飲んでいただいて処置が完了次第病院に来ていただくことになりますが、その間に漏れないかなど心配される方が多いです。下剤を飲んでいただいて腸の中が空っぽになるとそれ以上の排便は起きませんのでご安心ください。それでも不安の強い方や、ご高齢の方、遠方からいらっしゃる方は当院で下剤を飲むことも可能です。

内視鏡により大腸の中を観察し炎症、ポリープ、癌などを診断する検査です。特に、近年では大腸がん患者数が増加傾向であり、重要性が増してきている検査です。

鎮静剤について

苦痛が少ない内視鏡検査を最大の目標としており鎮痛剤を使わなくても苦痛をできるだけ出さない挿入法を心がけておりますが、鎮静剤を使用して検査を受けてただくことも可能です。その場合は車の運転ができませんが、当院は恵庭駅前という立地ですので、JR、バス、タクシーを利用しやすい環境であるのは大きな利点があります。以前の大腸カメラで痛みがあって辛かったという方にも安心して受けていただきたいと思っています。

内視鏡により大腸の中を観察し炎症、ポリープ、癌などを診断する検査です。特に、近年では大腸がん患者数が増加傾向であり、重要性が増してきている検査です。

検査内容

前処置が完了したらいよいよ大腸カメラを挿入します。採用しているカメラは硬度の変更が可能で、拡大観察も行える高性能なものです。大腸の奥まで到達したら、ガスを送気することにより腸を膨らませて観察しながら抜いてきます。当院では単なる空気を用いずに、二酸化炭素ガスを送気しています。二酸化炭素は体への吸収が早いため検査中と検査後の腹部膨満感を抑えることができます。

内視鏡により大腸の中を観察し炎症、ポリープ、癌などを診断する検査です。特に、近年では大腸がん患者数が増加傾向であり、重要性が増してきている検査です。

検査中に大腸ポリープがあった際

そのまま日帰り切除が可能です。当院では術後の出血が少ないcold polypectomyを行っています。血をサラサラにする薬の内容や、ポリープの大きさ・形、癌が疑われる場合など切除のリスクが高いと判断した場合は切除せず、入院加療が可能な専門医療機関へご紹介させていただくことがあります。

 

内視鏡検査のご予約・お問い合わせ

内視鏡検査をご希望の方は、当院にご連絡ください。下記「問診票」、「内視鏡検査同意書」、「検査前チェックリスト」を印刷し、記入してご持参ください。また、大腸カメラは電話予約を承っておりません。一度外来受診が必要です。

​0123-29-7037

問診票

内視鏡検査同意書

​検診前チェックリスト