top of page

感染症状のある患者さんの対応について


新型コロナウイルスの取り扱いが変更になります

なるわけですが・・・・


すでに一般の多くの場面ではマスク着用義務は解除されています

それでも実際のところ屋内に関しては「ほとんど」と言いたいくらいマスクを着けている人ばかりです

それが日本人の大勢の感覚だと思いますので

感染症状のある患者さんへの対応というのも、昔のようにみんな待合室で待っててとはならないと思います


当初のころはコロナウイルスは接触感染も考えられていましたが空気感染がメインに変わりました

コロナウイルス感染症状として発熱が無い患者さんも当たり前に見るようになりました


そして一般的な肌感覚も考えまして

「発熱の有無を問わず、咳のある人はこれまで通りドライブスルー」

「咳のある人で院内にいるのは、新型コロナを否定していたり喘息など明らかに他の原因がある人」

という対応で当院は当面の間やらせていただきたいと思います


発熱があっても院内に入ることができます

(扁桃炎、胃腸炎、盲腸、蜂窩織炎・・・・あげればほかの理由はいくらでもあります)

社会情勢やガイドラインで新しいものがありましたら更新するとします


ちなみに新型コロナは検査も治療(対症療法)も保険診療になります

要はインフルエンザなどと同じ扱いとなります

これに伴いコロナPCR検査を受ける人が激減すると思います(既にかなり減っています、でも陽性者は出ています)

コロナを気にしないで生活するという欧米スタイルがそのうち日本でも定着するだろうなと感じています

Commenti


bottom of page